カセタニ家具株式会社


BrandBrand

REPUBLIC OF Fritz Hansen フリッツハンセン

REPUBLIC OF Fritz Hansen フリッツハンセン

1872年にデンマーク・コペンハーゲンで若き家具職人・フリッツ ハンセン氏により創業された家具メーカー。北欧デザインの代名詞的ブランドであると同時に、世界の家具を語る上で外すことのできない存在として世界中で愛されている。

「セブンチェア」「アリンコチェア」「エッグチェア」などデザイン史に残る名作家具を多数輩出しており、世界各地の名建築や暮らしの中でそのプロダクトを目にすることができる。才能あふれる各時代の気鋭デザイナーと協業し、その高い要望に応え続けるクラフトマンシップが現在のFritz Hansenを作り出した大きな要素の1つ。今なおチャレンジは続き、新しい才能とのコラボレーションや傑作デザインの復刻・特別モデル発表を止まることなく行っている。
伝統と革新をどちらも備え「本物」を伝え続ける。時代を超えて必要とされるモダンデザインファニチャーブランドだ。

PP mobler

PP mobler

1953年に小さな工房からスタートしたデンマークの家具ブランド。創業者は、家具職人のペターセン兄弟(二人の頭文字「P」がブランド名の由来)。今では北欧家具の名門工房の1つに数えられる。PP moblerを名門に押し上げたのは、北欧家具デザインの巨匠・ハンス・J・ウェグナーとのコラボレーション。彼のデザインとPP moblerの職人による妥協を許さない生産技術が出会い、数々の名作を誕生させた。現在も、仕上げまで全工程を自社工房で行い、職人の手仕事で高品質な家具を製造。「The Chair」(ザ・チェア)や「PP550」(ピーコック・チェア)など、歴史に名を刻む傑作を世に送り出し続けている。

FREDERICIA

FREDERICIA

1955年に設立されたデンマークの名門家具ブランド。1959年に発表された「THE SPANISH CHAIR」(スパニッシュチェア)は、モーエンセンの代表作であると同時に、FREDERICIAのブランド・アイコンとも言うべき名作。また、1993年にナナ・ディッツェルがデザインした「トリニダッドチェア」も世界中から称賛を浴びた。新進デザイナーの作品も手掛け、次代の名作の開発にも余念がない。今後も世界に良質な家具を輩出し続けるだろう、北欧の最重要ブランドの1つだ。

BERG Furniture

BERG Furniture

1974年の設立以来、リクライニングチェアとソファを専門に手掛けてきたデンマークの老舗ブランド。妥協のないプレミアムな品質を実現しているのは、同ブランドの自社工場に所属する熟練の職人たち。ひとりひとりが全責任を持って1台ずつハンドメイドで作り上げ、完成品には品質の証として自身のサインを施している。

HAY

HAY

デンマーク家具の新進気鋭のブランドです。
現代のライフスタイルにマッチした機能性の高いデザインで北欧のインテリアデザイン界をリードしています。家具から雑貨まで幅広く商品を展開。

ligne roset

ligne roset

1860年に傘とステッキを製作する木工所としてスタートし、現在では6つの工場と世界70か国1500店舗の販売拠点を持つまでとなったフランス有数の家具ブランド。現在、ligne rosetに関わるデザイナーは約90名。トップデザイナーとコラボレーションしたハイクオリティな製品を生み出し続ける、コンテンポラリー家具の代表的存在だ。

同ブランドのアイコンと言えるのが、1973年に発表された「TOGO」。オールウレタン構造という当時としては革命的な製品で、瞬く間に世界中の家具デザインに大きな影響を与え、ligne rosetの名を世に知らしめた。発表から40年を経た今も、その最高級の座り心地は変わらぬ人気を集めている。

maruni マルニ

maruni マルニ

1928 年創業以来「工芸の工業化」を揚げ、木工家具を作り続けてきたマルニ木工。国際的なデザイン感覚と日本独自の木に対する美意識、そして精緻なモノ造りの技を融合した世界へ発信する家具造りを続けている。使い手の生活に溶け込み、100年後も定番として愛される家具を目指し今日も木と向き合い、モノづくりに励んでいる。

FUJI FARNITURE フジファニチア

FUJI FARNITURE フジファニチア

総合木製家具メーカーとして国内生産にこだわり続ける一方で、北欧モダンスタイルの「Koti」(コティ)シリーズをはじめ、気鋭の若手デザイナー・小林幹也氏デザインの「nagi」シリーズなど、トレンドを逃さず日本人の暮らしに根差したプロダクトを開発。また、厳正な自社基準に基づくさまざまなテストを実施し、技術面・デザイン面のみならず、安全面においても高品質な家具を提供し続ける。

飛騨産業株式会社

飛騨産業株式会社

飛騨高山に拠点を構える老舗家具メーカー。1920年設立と、96年の歴史を持ち、国内のみならず、世界にもその名が知られている。ものつくりへのこだわり、曲木や杉材の圧縮技術は日本一ではないかと思うほど。「飛騨の匠」の技術を受け継ぎながら、常に時代のニーズに合った商品を提供し続けている。

KASHIWA カシワ

KASHIWA カシワ

エレガントなものからシンプルモダンなものまで幅広いテイストの製品を揃えるが、 いずれも気品の高さを感じさせる。それは、乾燥工程から自社で行うほどの天然木に対するこだわりが生み出しているもの。歴史と自然が生んだ「本当に上質な木の家具」を知ることができる。

MORISHIGE

MORISHIGE

「木との対話」ができるメーカー。

モリシゲのこだわり。
家具の品質は木で決まり。
北海道産の樺材(木工界ではサクラ材と呼ばれる)を主材として使用し、木肌の美しさと、高いクオリティをもとめて、熟練した職人の手の感覚が一番正しい。そして、味が分かる人の手と目で微調整を行った後、部品(部材)を合わせる組み立て
それは熟練者でも緊張する瞬間。
さらに、家具の反りや、割れを防ぐ最良の加工法、樺材は、使えば使うほど木が秘めた艶が出てきます。その味を最大限に引き出せる塗装技術。それらが合わさり、モリシゲの家具が完成されます。

日本ベッド

日本ベッド

1926年創業、国内最古参の老舗ベッドブランド。日本に「ベッドで寝る」というスタイルを持ち込み、国産ベッドメーカーのパイオニアとして日本のベッドの歴史そのものを作り続けてきた。帝国ホテルをはじめとする全国各地の一流ホテルで導入され、迎賓館や宮内庁にも納入実績を持つ。

展開するマットレス製品は、日本人が最も好むと言われる「ポケットコイル式」がメイン。メインアイテムの「シルキーポケットマットレス」にはシングルサイズで1200個のポケットコイルが使われており、この数は一般的なポケットコイルマットレスの倍以上だ。とろけるような「絹の寝心地」を実現している。